【厚労省】肝炎対策、地域でバラツキ‐感染予防など目標に課題

2016年11月11日 (金)

ニュース


肝炎対策推進協議会

肝炎対策推進協議会

 厚生労働省は7日、都道府県における肝炎対策の計画や目標の策定状況を、肝炎対策推進協議会に示した。6月に肝炎対策基本指針の改正を受け、全国的な対応を調べたもので、各自治体で取り組み状況にバラツキが見られることが分かった。感染予防や医療体制の分野では、ほとんど目標が設定されていなかった。委員からは指針改正後の課題として、共通の数値目標の設定や専門医への誘導などが指摘された。

 改正基本指針では、肝硬変と肝癌への移行者を減らし、肝癌の罹患率をできるだけ減少させることを指標に、都道府県に肝炎対策の計画、目標を設定するよう促すことが追記された。


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円(002)

healthday-logo
Copyright (C) 2022 株式会社薬事日報社
※掲載記事の無断転用を禁じます。(004)

HOME > ニュース > 【厚労省】肝炎対策、地域でバラツキ‐感染予防など目標に課題

‐AD‐
ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
アカウント・RSS
RSSRSS