【厚労省】新規エイズ患者が過去最多‐13年第2四半期発生動向

2013年9月13日 (金)

ニュース


 厚生労働省のエイズ動向委員会は、2013年第2四半期のエイズ発生動向を発表した。それによると、新規エイズ患者は146件と過去最多、新規HIV感染者数は294件と過去2番目に多い水準となった。

 今回の報告期間は、4月1日から6月30日までの3カ月。新規HIV感染者数は294件で、男性286件、女性8件だった。男性は前回、前年同時期に比べて増加したが、女性は減少した。感染経路は、同性間性的接触によるものが216件と全感染者報告数の約73%を占めた。



HOME > ニュース > 【厚労省】新規エイズ患者が過去最多‐13年第2四半期発生動向

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!