【城西大薬学部/JACDS】4年生がDgs店舗を体験研修‐インターンシップ実施

2013年9月27日 (金)

ニュース


受け入れ先の店舗を視察したJACDS・小田兵馬副会長(中央)

受け入れ先の店舗を視察したJACDS・小田兵馬副会長(中央)

 城西大学は先頃、日本チェーンドラッグストア協会(JACDS)の協力を得て、薬学部4年生にドラッグストア店舗での業務を体験研修させる「コミュニティーファーマシーインターンシップ」を実施した。参加した学生たちには、同インターンシップを通して、薬剤師がドラッグストアで本来行わなくてはならない業務などを体験し、知ることができる貴重な場となった。

今年で5回目

参加学生(左)から話を聞く城西大学薬学部・上田秀雄准教授

参加学生(左)から話を聞く城西大学薬学部・上田秀雄准教授

 城西大学のコミュニティーファーマシーインターンシップは、今年で5回目となる。学生たちは8月中のうちの5日間を、実際にドラッグストアの店舗で業務を経験した。今回参加したのは、同大学薬学部薬学科(6年制)の4年生42人(男15人、女27人)



HOME > ニュース > 【城西大薬学部/JACDS】4年生がDgs店舗を体験研修‐インターンシップ実施

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!