【杏林製薬】産総研発ベンチャー買収‐感染症領域強化が狙い

2017年6月30日 (金)

ニュース


 杏林製薬は、産業技術総合研究所(産総研)発ベンチャーで短時間のうちに細菌・ウイルスを同定できる小型の超高速遺伝子定量装置「GeneSoC」を有する「ジェイタス」を完全子会社すると発表した。感染症領域でジェイタスの技術を活用し、予防・診断・治療と幅広い事業展開を図る。

 ジェイタスは、遺伝子を増幅させるポリメラーゼ連鎖反応(PCR)装置を独自技術で改良し、5~6分程度で細菌・ウイルスを同定することができ、被検者の傍らで医療従事者が行う検査(POCT)を可能とするGeneSoCを開発している。資本金は495万円。


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円(002)

healthday-logo
Copyright (C) 2022 株式会社薬事日報社
※掲載記事の無断転用を禁じます。(004)

HOME > ニュース > 【杏林製薬】産総研発ベンチャー買収‐感染症領域強化が狙い

‐AD‐
ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
アカウント・RSS
RSSRSS