【ソレイジア・ファーマ】待望の初承認‐癌の疼痛緩和医療機器で

2017年7月12日 (水)

ニュース


 国内ベンチャーのソレイジア・ファーマは6日、癌化学療法による口内炎に伴う疼痛緩和口腔用液剤「エピシル口腔溶液」の国内における医療機器製造販売承認を取得した。同社が開発した品目では初承認となる。今後、保険収載を経て、日本の独占販売権の導出先であるMeiji Seika ファルマから販売が開始される予定。

 エピシルは、日本国内初の癌化学療法・放射線療法による口内炎に伴う疼痛・緩和のための口腔用液状医療機器。ソレイジアが2015年3月にスウェーデンの製薬企業から導入し、開発を進めてきた。



HOME > ニュース > 【ソレイジア・ファーマ】待望の初承認‐癌の疼痛緩和医療機器で

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!