【私立薬大協17年度調査】3年連続で志願者減少‐入試倍率は9倍で高止まり

2017年7月18日 (火)

ニュース


広がる大学間格差、2極化も

 日本私立薬科大学協会がまとめた2017年度の私立薬科大学(薬学部)入学志願者調査の結果、入学志願者数は10万0604人と前年度に比べて4461人少なく、3年連続で減少した。志願者数が増え続けていた薬学人気がピークを越え、一転して減少傾向が続いている。募集数に対する入試倍率は、8.8倍と前年度より低下したものの、依然高い水準を維持。ただ、入試倍率は1倍台から30倍台まで大きな開きがあり、人気大学の2極化が進んでいることがうかがえた(表参照

 調査は、私立薬大協加盟の57校(徳島文理大香川を含む)を対象に実施されたもの。今年度の定員は1万1397人と前年度の1万1309人から88人と若干増加。6年制学科は1万0692人、4年制学科は705人となった。また、募集数は一般が7277人、推薦が3953人となり、昨年度に比べて一般と推薦共に募集数は若干減少し、合計でも1万1230人と昨年度より減少した。



HOME > ニュース > 【私立薬大協17年度調査】3年連続で志願者減少‐入試倍率は9倍で高止まり

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!