中国でB型肝炎薬の偽造品‐日本語の箱表示等に注意

2017年7月18日 (火)

ニュース


 ギリアド・サイエンシズは12日、同社が製造販売するB型肝炎治療薬「ベムリディ錠25mg」(一般名:テノホビルアラフェナミドフマル酸塩)について、中国で包装表示や製品ボトルのラベルが日本語で記載された偽造品が確認されたと発表した。現段階で日本においてベムリディの偽造品は確認されておらず、偽造品の服用による健康被害も報告されていないという。厚労省は、偽造品を発見した場合は、流通させたり調剤することなく、保健所や都道府県などに相談するよう関係者に注意喚起した。

 ベムリディ錠の正規品は、箱に封緘シールが開封口とは別の箇所についており、開封したことが分かる仕様になっているほか、箱の側面に製品名の記載がある。また、ボトルは14錠入りで、ボトルのフタはチャイルドレジスタンス機能がついているのが特徴。ボトル本体は白、フタは青色をしており、ボトル内の内ブタであるインダクションシールはつまみのない白い円形で、端から剥がし取る仕様になっている。スプーンの柄などで内ブタを破ることはできない。



HOME > ニュース > 中国でB型肝炎薬の偽造品‐日本語の箱表示等に注意

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!