「三つの境」超える役割強調‐鈴木医務技監が初会見

2017年7月20日 (木)

ニュース


同時改定議論に付加価値

鈴木康裕医務技監

鈴木康裕医務技監

 厚生労働省の鈴木康裕医務技監は13日、就任後初めて専門紙と共同会見し、省内や国境など「三つの境」を超えることが重要と自身の役割を明示。「調和され一括した医療政策の遂行、国民の健康危機管理に注力していきたい」と抱負を語った。また、団塊世代が75歳以上となる“2025年問題”も目前の大きな課題との認識を示し、「来年度の同時改定は第一歩。財源はおそらく薬価しかない。それを医療、介護等にどう配分するかが課題」と指摘。改定作業の基本は各局としつつ、「(医務技監として)相乗的、相加的な付加価値のある議論をきちんとやっていきたい」と語った。

 鈴木氏は、就任に当たって「厚労省には様々な課題があるが、それぞれ局長がいる中で屋上屋を架すことは良くない。医務技監がいるからこその付加価値を皆さんに感じていただけることが一番だと思うので、なるべく早く実現するよう頑張りたい」と抱負を語った。



HOME > ニュース > 「三つの境」超える役割強調‐鈴木医務技監が初会見

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!