【PhRMA】米国での医薬品開発、74%が画期的新薬の可能性

2017年7月28日 (金)

ニュース


 米国研究製薬工業協会(PhRMA)は、現在開発中の医薬品の74%がファースト・イン・クラス(画期的新薬)となる可能性があると発表した。

 この結果は、医薬品開発におけるパイプラインの世界的現状を調査し、バイオ医薬品業界の研究者たちが現在追求している新たなアプローチについて検証したもの。PhRMAがアナリシス・グループに調査を委託し、同社が報告書をまとめた。


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円(002)

healthday-logo
Copyright (C) 2021 株式会社薬事日報社
※掲載記事の無断転用を禁じます。(004)

HOME > ニュース > 【PhRMA】米国での医薬品開発、74%が画期的新薬の可能性

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!