【ゆう薬局グループ】京都府立医大に寄附講座「在宅チーム医療推進学」

2013年10月9日 (水)

ニュース


握手する4氏(左からゆう薬局グループ宇野代表、京都府立医大吉川学長、京都府医師会森会長、京都府山内副知事)

握手する4氏(左からゆう薬局グループ宇野代表、京都府立医大吉川学長、京都府医師会森会長、京都府山内副知事)

 京都府立医科大学は1日、京都府を中心に67薬局を展開する「ゆう薬局グループ」の寄附をもとに寄附講座「在宅チーム医療推進学講座」を開設した。期間は5年間。京都府医師会や京都府と連携し、医学生や研修医に教育を行って在宅チーム医療に通じた若手医師を育成する。薬剤師など多職種への教育も推進する。在宅医療に関わる様々な職種のリーダーを育成し、在宅医療モデル、在宅医療教育モデルを全国に発信する考えだ。

5年で2億5000万円

 ゆう薬局グループは毎年5000万円、5年間で総額2億5000万円を寄附する。



HOME > ニュース > 【ゆう薬局グループ】京都府立医大に寄附講座「在宅チーム医療推進学」

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!