【日本臨床疫学会】RWD研究の加速が必要‐産官学連携し基盤整備を

2017年10月5日 (木)

ニュース


日本臨床疫学会が初の学術大会

日本臨床疫学会 第1回年次学術大会

日本臨床疫学会 第1回年次学術大会

 昨年設立された日本臨床疫学会の第1回年次学術大会が9月30日、10月1日に都内で開催された。シンポジウムでは、実臨床データベースを活用した医薬品の市販後安全性評価に向け、来年にはGPSP省令改正や「MID-NET」の本格運用が始まる中、人材や医療情報データベースなどインフラ整備が課題となっている。シンポジストからは、国内でリアルワールドデータ(RWD)やビッグデータを用いた研究を加速させていくために、産官学が連携した基盤整備の重要性が指摘された。

 医薬品医療機器総合機構(PMDA)では、来年から複数医療機関のデータを統合解析するための医療情報データベースネットワーク「MID-NET」の本格運用を開始する予定となっており、現在10拠点23病院が協力し、約400万人規模のデータを集積している。



HOME > ニュース > 【日本臨床疫学会】RWD研究の加速が必要‐産官学連携し基盤整備を

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!