【英アストラゼネカ】抗IL-5受容体抗体「ベンラリズマブ」、重症気管支喘息で米承認

2017年11月24日 (金)

ニュース


 英アストラゼネカは、重症気管支喘息治療薬として、抗IL-5受容体抗体「ベンラリズマブ」の米国承認を取得した。アストラゼネカでは初の呼吸器疾患の生物学的製剤となり、協和発酵キリンの抗体技術「ポテリジェント技術」が活用されている。コントロール不良の好酸球性フェノタイプを持つ12歳以上の重症喘息患者の追加維持療法として使用される。経口ステロイド薬に依存する重症気管支喘息患者に対して、新たな治療を提案する。

 ベンラリズマブは、炎症や気道過敏性を引き起こす好酸球上のIL-5受容体αに直接作用し、独自の抗体依存性細胞傷害活性によりナチュラルキラー細胞を活性化し、好酸球のアポートシス(細胞死)を誘導するメカニズムを持つ。好酸球に直接で速やかに作用するため、24時間以内にほぼ完全に好酸球を除去できる。



HOME > ニュース > 【英アストラゼネカ】抗IL-5受容体抗体「ベンラリズマブ」、重症気管支喘息で米承認

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!