【中医協総会】保険薬局の実調で見解‐診療側「地域薬局の経営脆弱」、支払側「大病院門前が高収益」

2017年11月29日 (水)

ニュース


 中央社会保険医療協議会の診療側、支払側委員は24日の総会に、医療経済実態調査(実調)の結果に対する見解を示した。

 保険薬局については、診療側が「20店舗以上の薬局の損益状況は全体平均を大きく上回った」としながらも、「地域に根ざした1店舗、2~5店舗の薬局の損益状況は非常に小さく、経営基盤は極めて脆弱」と主張。支払側は、収益から費用を引いた損益差額率が「前回・前々回調査と比較して高い水準となり、安定的に黒字が続いている。特に大病院前等の門前薬局の損益差額率が高水準にある」との分析結果を示し、医薬分業が歪んでいると主張して改革の必要性を訴えた。



HOME > ニュース > 【中医協総会】保険薬局の実調で見解‐診療側「地域薬局の経営脆弱」、支払側「大病院門前が高収益」

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!