【米ギリアド・サイエンシズ】HCVと癌で日本市場へ本格参入‐自社開発1号はソホスブビル

2013年10月18日 (金)

ニュース


ジョン・F・ミリガン社長兼COO

ジョン・F・ミリガン社長兼COO

 米大手バイオファーマのギリアド・サイエンシズが日本市場へ本格参入する。これまで他社との提携を通じて日本へ製品を供給する戦略を取ってきたが、今後は自社でも開発、承認取得、販売を手がける。ジョン・F・ミリガン社長兼COOが15日に会見し、「C型肝炎と癌のポートフォリオで日本の医療ニーズに応え、患者にベネフィットをもたらしたい」と語った。当面はC型肝炎治療剤「ソホスブビル(一般名)」について、2014年中の承認申請を目指す。

 1987年に創業したギリアドは世界27カ国・地域に合計33拠点を持ち、売上高は12年実績で97億ドルに達する。抗インフルエンザウイルス薬のタミフルや抗HIV薬のツルバダの開発で知られ、HIV/AIDS、肝臓、循環器、呼吸器などの領域で16製品を上市している。



HOME > ニュース > 【米ギリアド・サイエンシズ】HCVと癌で日本市場へ本格参入‐自社開発1号はソホスブビル

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!