【厚労省】「総合戦略」改訂版を公表‐政府の創薬力強化案に盛る

2017年12月26日 (火)

ニュース


 厚生労働省は22日、医薬品産業の競争力を強化する施策を盛り込んだ「医薬品産業強化総合戦略」の改訂版を公表した。薬価制度の抜本改革を踏まえ、政府が閣議決定した関係省庁による創薬・研究開発の強化施策を緊急的にまとめた「日本創薬力強化プラン」に戦略の見直しを組み込んだ。改訂版では、バイオ医薬品の製造技術・開発ノウハウに関する研修の実施など、厚労省が主導で実施する新たな施策を記載。そのための経費として2018年度予算に82億2000万円を計上している。

 今回の改訂版は、▽日本発のシーズが生まれる研究開発環境改善▽薬事規制改革を通じたコスト低減と効率性向上▽バイオシミラーを含む医薬品の生産性向上と製造インフラの整備▽適正な評価の環境・基盤整備▽日本発医薬品の国際展開の推進▽創薬業界の新陳代謝を促すグローバルなベンチャーの創出▽医療用医薬品の流通改善への一層の対応――の7項目で構成。



HOME > ニュース > 【厚労省】「総合戦略」改訂版を公表‐政府の創薬力強化案に盛る

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!