【EPSインターナショナル】中国で薬事コンサル‐現地企業と提携合意

2018年1月24日 (水)

ニュース


 EPSグループでアジアを中心とした海外CRO事業を展開する「EPSインターナショナル」は、北京格鋭博医薬研発有限公司(G&P)と中国における薬事コンサルティングサービスの提供に関する戦略的提携に合意した。中国は、米国に次ぐ第2位の医薬品市場で、規制当局のCFDAによる審査承認制度改革が発表されるなど、新薬開発が活発化することが見込まれる。CFDAの担当者と良好な関係を築くG&Pと組むことで、中国で薬事コンサルテーションサービスを提供し、医薬品開発の総合的な支援サービスを展開していきたい考えだ。

 EPSグループは、2001年から中国に参入し、日系CROでは先行して顧客に様々なサービスを提供してきた。今回、日系製薬企業の中国現地子会社出身者が多く、医薬品の開発企画や薬事申請・登録業務に精通する社員を多く擁するG&Pとの提携を通じて、日本・海外の顧客に対し、中国におけるトータルサービスプロバイダーとして、高度なサービスの提供体制を構築する。


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円(002)

healthday-logo
Copyright (C) 2022 株式会社薬事日報社
※掲載記事の無断転用を禁じます。(004)

HOME > ニュース > 【EPSインターナショナル】中国で薬事コンサル‐現地企業と提携合意

‐AD‐
ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
アカウント・RSS
RSSRSS