【アステラス製薬】抗ネクチン-4ADC、尿路上皮癌で画期的新薬

2018年4月4日 (水)

ニュース


 アステラス製薬は、米シアトルジェネティクスと共同開発の抗ネクチン-4抗体薬物複合体(ADC)「エンフォツマブ ベドチン」について、チェックポイント阻害剤(CPI)による治療歴のある局所進行性・転移性尿路上皮癌の適応で、米FDAからブレークスルーセラピー(画期的新薬)の指定を受けたと発表した。

 同剤は、シアトルジェネティクスの独自のリンカー技術を用いて、抗ネクチン-4抗体と微小管阻害作用を有する「MMAE」を結合させたADCで、細胞接着分子であるネクチン-4を標的とする初の薬剤となっている。


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円(002)

healthday-logo
Copyright (C) 2022 株式会社薬事日報社
※掲載記事の無断転用を禁じます。(004)

HOME > ニュース > 【アステラス製薬】抗ネクチン-4ADC、尿路上皮癌で画期的新薬

‐AD‐
ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
アカウント・RSS
RSSRSS