【中医協総会】武田の抗肥満薬、薬価収載見送り‐有効性に疑問相次ぐ

2013年11月15日 (金)

ニュース


 中央社会保険医療協議会総会は13日、武田薬品が申請していた抗肥満薬「オブリーン錠120mg」(一般名:セチリスタット)の薬価収載を見送った。臨床試験で心血管疾患等のリスク低減が示されておらず、わずかな体重減少効果だけだったことから、診療側、支払側委員から疑問が集中。薬価算定組織も「革新性や有効性が高いとは言えない」と異例の指摘を行い、原価計算方式の営業利益率を下限いっぱいのマイナス50%を初めて適用した。厚労省は臨床試験データ等の資料を揃えた上で、改めて薬価収載の可否を含め中医協に諮る。

 オブリーンは、消化管や膵臓から分泌されるリパーゼ阻害剤。脂質吸収抑制作用を発揮する抗肥満薬として、9月20日付で承認された。世界初承認となったものの、中医協は、医薬品としての効果に疑問を示し、薬価収載に待ったをかけた。



HOME > ニュース > 【中医協総会】武田の抗肥満薬、薬価収載見送り‐有効性に疑問相次ぐ

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!