【国試予備校の現場から】自分の弱点を分析しよう

2021年5月1日 (土)

薬学生新聞


メディセレスクール社長
児島 惠美子

児島惠美子氏

 こんにちは。メディセレのしゃっちょう、児島惠美子です。

 医療従事者や高齢者への新型コロナウイルスのワクチン接種が始まりましたが、全員のワクチン接種が終わるのはまだまだ先になる気配です。そんな状況ですので、新学期が始まっても大学によってキャンパスライフは様々だと思いますが、対策をしながら自己免疫力を高めていきましょう。

 メディセレでは先駆けて各校をウェブでつなぐテレビ会議を2007年から開始し、17年からはハイブリッド講義を展開してきましたが、今年はついに海外にもつなぐという、ワールドワイドでハイブリッドな新入社員の入社式を実施しました。

 今春の106回薬剤師国家試験を受験した先輩たちは、コロナ禍の受験で大変でした。107回も環境は改善しないかもしれません。今回の合格率は0.92ポイント減の68.66%と下がりました。オンラインでは教育効果が上がらないと言われる中、メディセレスクール生の合格率は前回より落ちませんでした。

 その理由の一つが、自分の弱点をいかに早く見つけて力を注ぐかです。人は誰でも不得意があります。30%しか理解していないところを50%まで引き上げることと、50%理解しているところを70%まで引き上げることは同じ20%ですが、前者のほうが確実に引き上げられます。なぜなら問題には難易度があるからです。難易度の低いところを理解するほうが上がりやすいのです。

 今後の国家試験は相対評価になります。成績が今まで良くなかった人は下剋上を狙わなければなりません。その最短の方法が、自分の穴を埋めることです。だから大学の模擬試験を有効活用しましょう。客観的な基準で自己分析をしましょう。

 メディセレでは皆さんに最適化学習をしていただけるよう、ウェブ上で約15分間のテストを受けるだけで学力診断ができる「メディセレAI診断」をリリースしました。無料で診断を受けられます。よろしければ使ってみてください。問題に出なかった科目の診断もできますよ。AIは驚きの賢さです(笑)。負けないように頑張りましょう!



HOME > 薬学生新聞 > 【国試予備校の現場から】自分の弱点を分析しよう

薬学生新聞 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!