【医療機能評価機構】疑義照会伝わらず誤処方‐不十分な確認に注意喚起

2013年11月27日 (水)

ニュース


 日本医療機能評価機構は、薬剤師が医師の処方に疑問を持ったものの、疑義照会時に内容が伝わらなかったために処方が修正されず、過量投与してしまった事例を15日付の「医療安全情報」で報告し、関係者に注意喚起した。

 薬剤師が処方に疑問を持ったものの、疑義照会時に内容が伝わらなかったため、処方が修正されず過量投与した事例は3件。医師が患者にプレドニゾロンとして1日27mgを処方するところ、同散1%を有効成分として270mgに相当する1日27g、1日2回7日間と誤って処方した。


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円(002)

healthday-logo
Copyright (C) 2022 株式会社薬事日報社
※掲載記事の無断転用を禁じます。(004)

HOME > ニュース > 【医療機能評価機構】疑義照会伝わらず誤処方‐不十分な確認に注意喚起

‐AD‐
ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
アカウント・RSS
RSSRSS