薬剤師病棟配置に高評価‐中医協・13年度調査速報

2013年12月3日 (火)

ニュース


病院の65%「効果あった」‐勤務医負担軽減を裏づけ

 厚生労働省は11月29日、病院勤務医の負担軽減に関する2013年度調査の速報結果を、中央社会保険医療協議会総会に示した。特に薬剤師の病棟配置が効果的だったと回答した病院が6割以上に上ったほか、診療科医師の約4割が負担軽減につながったと評価していることが明らかになった。さらに、医師の約8割が薬剤師の病棟業務を「日常的に必要」と考えていることも判明。薬剤師の病棟配置が高い評価を得ていることを裏づける結果だった。

 病院調査の結果によると、病棟薬剤業務実施加算の施設基準を届け出ている施設は全体の16・2%だった。勤務医の負担軽減策として、薬剤師の病棟配置に取り組んでいる施設は全体の39・7%、届出施設では66・7%に上った。その中で、効果のあった勤務医の負担軽減策としては、「薬剤師の病棟配置」を挙げた施設が64・6%と6割を超えていた。また、看護職員の負担軽減策としても、72・6%の施設が薬剤師の病棟配置が効果的だったと評価していることが分かった。



HOME > ニュース > 薬剤師病棟配置に高評価‐中医協・13年度調査速報

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!