【文科省専門委】改訂コアカリ案を了承‐6年制に特化した内容に

2013年12月9日 (月)

ニュース


 文部科学省の「薬学教育モデル・コアカリキュラム改訂に関する専門研究委員会」は2日、改訂コアカリの最終案を大筋で了承した。今月下旬に開かれる予定の「薬学系人材養成のあり方に関する検討会」で最終決定する。

 改訂コアカリは、6年制学部・学科の教育に特化した内容となっている。医学教育のコアカリを参考に、今回から新たに「薬剤師として求められる基本的な資質」を明示した。

 基本的資質は、▽薬剤師としての心構え▽患者・生活者本位の視点▽コミュニケーション能力▽チーム医療への参画▽基礎的な科学力▽薬物療法における実践能力▽地域の保健・医療における実践的能力▽研究能力▽自己研鑽▽教育能力――の10項目で構成。それらの資質を身につけるためのカリキュラムの項目立てが行われている。



HOME > ニュース > 【文科省専門委】改訂コアカリ案を了承‐6年制に特化した内容に

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!