【沢井製薬】新ジェネリック薬価引き締めに懸念‐澤井社長「開発に影響必至」

2013年12月9日 (月)

ニュース


澤井光郎社長

澤井光郎社長

 沢井製薬の澤井光郎社長は3日の記者懇談会で、次期薬価制度改革の論点となっているジェネリック薬(GE薬)の新規収載薬価の引き下げに言及し、「薬価が高いからGE薬が広がらないということは十分に検証されていない」と指摘し、実際に引き下げた場合には「開発品目に影響を与えるのは必至」と述べた。一方、既収載GE薬の価格帯をさらに集約する方向性は、同社にとって追い風になるとの認識を示した。

 次期制度改革ではGE薬の新規収載薬価をめぐり、現行は先発品薬価の原則7割としている基準を、6割か5割に引き下げる案が浮上している。


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円(002)

healthday-logo
Copyright (C) 2022 株式会社薬事日報社
※掲載記事の無断転用を禁じます。(004)

HOME > ニュース > 【沢井製薬】新ジェネリック薬価引き締めに懸念‐澤井社長「開発に影響必至」

‐AD‐
‐AD‐
ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!