【血液事業部会】血液法見直し議論スタート‐採血基準の遵守強化など

2018年5月1日 (火)

ニュース


4月24日に開かれた薬事・食品衛生審議会血液事業部会

4月24日に開かれた薬事・食品衛生審議会血液事業部会

 厚生労働省は4月24日、採血や血液製剤の安定供給などに関する規則を定めた血液法の見直し案を薬事・食品衛生審議会血液事業部会に示した。5年ぶりの見直しとなり、日本赤十字社以外の採血事業者が新たに参入した場合を想定し、採血時に自社と他社の献血履歴を献血者に確認して献血者の健康を保護するなど、複数の事業者で採血を行う場合の採血基準の遵守強化などを盛り込んでいる。今年度上半期をメドに同法の改正案を取りまとめた上で、来年の通常国会に法案を提出したい考えだ。

 現在の血液法では、2013年の改正後5年をメドに見直しを行うこととしており、今回の部会では、厚労省から▽複数の採血事業者を想定した採血のあり方▽科学技術の発展を踏まえた採血等の制限の見直し▽採血制度に関する各種手続の合理化――の3項目を重点的に検討すべきとする見直し案が提示された。



HOME > ニュース > 【血液事業部会】血液法見直し議論スタート‐採血基準の遵守強化など

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!