日薬連・野木森会長「薬価引き下げでは“限界”」‐医療費抑制、全関係者の譲歩必要

2016年5月31日 (火)

ニュース


野木森雅郁会長

野木森雅郁会長

 日本製薬団体連合会の野木森雅郁会長(アステラス製薬会長)は19日、岐阜市で開かれた日本薬剤学会年会で講演し、医療費の抑制を薬価の引き下げでまかなう方法は「限界に達している」と強調。製薬会社だけでなく患者、国、保険者など全ての関係者がお互いに譲歩し、新しい医療体制を構築する必要があると話した。

 野木森氏は「日本は2年に1回の薬価引き下げで医療費をコントロールしてきた」と述べ、「最近は改定のたびに特例として新しいルールが付加される」と指摘。「国は、医療費抑制の大半を、薬価を下げることでまかなっているが、もう今や限界に達している。薬価を下げるだけではどうしようもない」と強調した。



HOME > ニュース > 日薬連・野木森会長「薬価引き下げでは“限界”」‐医療費抑制、全関係者の譲歩必要

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!