【OTC薬協】関係団体と連携し市場拡大へ‐杉本会長が会見

2017年1月23日 (月)

ニュース


杉本雅史会長

杉本雅史会長

 日本OTC医薬品協会は16日、都内のホテルで恒例の新春祝賀会を開催したが、これに先立ち新年記者会見を行い、杉本雅史会長(武田薬品)は、2016年度の重点活動項目で一定の成果・進展が見られたものとして、[1]セルフメディケーション税制[2]ビタミン含有保健剤(医薬部外品)の製造販売承認基準の改正[3]スイッチOTCの新評価スキーム[4]アジア各国のOTC薬事規制の協調に向けた支援──の4項目を挙げ、「閣議決定された日本再興戦略に基づき、生活者のセルフメディケーション実践を後押しする環境整備が進んだ。今後も将来的なOTC薬市場拡大に向け、関係団体とも連携して様々な施策を着実に実施していきたい」などと抱負を述べた。

 このうち、今年1月から始まったセルフメディケーション税制(医療費控除の特例)に関しては、これまで製配販の関係団体と連携して準備を進めてきたが、「さらなる認知度向上のため、引き続き普及啓発に努めていくことが欠かせない」とすると共に、「業界として当初より要望していた対象品目の拡大(第3類以上)のためにも、生活者の新税制の利用実績、あるいは健康の維持増進に関する行動変容の状況などを調査・分析し厚生労働省に報告するなど、対象品目拡大の必要性や意義を訴えていきたい」とした。



HOME > ニュース > 【OTC薬協】関係団体と連携し市場拡大へ‐杉本会長が会見

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!