漢方医学教育の財団設立‐教育研究者に助成も

2017年2月9日 (木)

ニュース


日本漢方医学教育振興財団の設立記念式典

日本漢方医学教育振興財団の設立記念式典

 漢方医学の普及を目的に人材教育や研究助成を行う一般財団法人「日本漢方医学教育振興財団」が設立され、4月から本格的に活動を開始する。漢方薬最大手のツムラが実施してきた漢方医学教育関連事業を引き継ぎ、漢方医学教育研究者に対する研究助成や、大学教育での研究支援、医学教育研究助成結果を情報発信するためのシンポジウムの開催、医学教育を推進する外部団体との意見交換を行う。代表理事に就任した加藤照和氏(ツムラ社長)は、4日に都内で開催した設立会見で、「漢方医療の将来の定着を図る上で次のステップに行くためにいろいろな検討を進める中、1企業から独立した組織が必要と判断した。大学教育研究者への研究助成など1企業では担えない役割を担い、医学教育に関連した幅広い事業が財団の活動の軸になる」と語った。

 大学の漢方医学教育をめぐっては、文部科学省から医学教育ガイドライン「医学教育モデル・コア・カリキュラム」で6年間の到達目標として「和漢薬を概説できる」が掲げられ、現在では全大学の医学部で漢方医学教育が実施されるようになり、そのうち8割以上の大学で8コマ以上の履修が必修とされるようになった。



HOME > ニュース > 漢方医学教育の財団設立‐教育研究者に助成も

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!