【OTC薬協】7割が「利用したい」意向示す‐セルフM税制アンケートを集計

2017年3月22日 (水)

ニュース


 日本OTC医薬品協会は、昨年12月16日から今年1月15日にかけて、同協会ホームページ上で新たな一般用医薬品の医療費控除制度(セルフメディケーション税制)に関するアンケートキャンペーンを展開したが、セルフメディケーション税制を「知っていた」との回答は25.2%となり、昨年夏に行った前回キャンペーン時(11.1%)から大きく伸長した。さらに、約7割が「セルフメディケーション税制を利用したい」と答えるなど、生活者の多くが新税制に興味を持っていることが示された。協会では今後も、日本一般用医薬品連合会(一般薬連)等と連携して、ウェブサイトや各種イベント等を通じ、より多くの生活者への情報提供に努めていく考え。

 新税制のスタート直前の12月から展開されたアンケートキャンペーンは、回答者が前回を4000人ほど上回る1万2834人と、過去最高数となった。この背景として協会では「HPのキャンペーンサイトへの流入のほか、年末年始にかけてセルフメディケーション税制に関する情報が多数のメディアで取り上げられ、サイト閲覧数が大きく増加したことが影響したと思われる」とする。



HOME > ニュース > 【OTC薬協】7割が「利用したい」意向示す‐セルフM税制アンケートを集計

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!