【米ブリストル】未治療メラノーマでオプジーボが良好な成績

2017年4月14日 (金)

ニュース


 米ブリストルマイヤーズ・スクイブは、未治療の進行期悪性黒色腫(メラノーマ)を対象とした抗PD-1抗体「オプジーボ」の第III相試験「CheckMate-067」に関する最短28カ月の追跡調査で、オプジーボ単剤療法、オプジーボと抗CTLA-4抗体「ヤーボイ」の併用療法は、ヤーボイ単剤療法に比べ、全生存期間(OS)を有意に改善したと発表した。

 「CheckMate-067」は、未治療の進行期悪性黒色腫945例を対象に、オプジーボ単剤療法、オプジーボと抗CTLA-4抗体「ヤーボイ」の併用療法を比較評価した第III相無作為化二重盲検試験。OSの中央値では、オプジーボを投与した両群で未達、ヤーボイ短在寮法群で20カ月となった。オプジーボとヤーボイの併用療法、オプジーボ単剤療法は、ヤーボイ単剤療法に比べ、死亡リスクをそれぞれ45%、37%低減させた。2年生存率は、オプジーボとヤーボイの併用療法で64%、オプジーボ単剤療法で59%、ヤーボイ単剤療法で45%となった。



HOME > ニュース > 【米ブリストル】未治療メラノーマでオプジーボが良好な成績

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!