【沢井製薬】USLを1155億円で買収‐米ジェネリック薬市場へ本格展開

2017年4月26日 (水)

ニュース


澤井光郎社長

澤井光郎社長

 沢井製薬は20日、米国ジェネリック医薬品(GE薬)企業のアップシャー・スミス・ラボラトリーズ(以下USL)を10億5000万ドル(約1155億円)で買収することに合意したと発表した。買収資金は金融機関からの借入金や手元資金で調達し、今年6月末までには完了する予定。国内GE薬メーカーの米国企業買収は、昨年の日医工によるセージェント・ファーマシューティカルズ買収に続くもので、買収金額はそれを上回る規模となる。

 同日、大阪市内の本社で会見した澤井光郎社長は今回のM&Aについて「米国での販売・生産インフラといったプラットフォームの早期確立と、FDAへの対応能力の強化」と、その狙いを説明。現在、沢井製薬は、米国GE薬市場展開に向け申請済み2品目を含めた5品目のラインナップを計画しているが、USLの買収により、米国市場での基盤を確立させることで「スピード感を持ってシナジー創出に全力で取り組みたい」とした。また、沢井製薬が国内で有する承認品目から米国市場で展開可能な品目やパラグラフIVによる承認品目を展開していく考えも示した。



HOME > ニュース > 【沢井製薬】USLを1155億円で買収‐米ジェネリック薬市場へ本格展開

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!