【ギリアド・サイエンシズ】ジェノタイプ2のC肝‐ハーボニーを適応拡大申請

2017年5月10日 (水)

ニュース


 ギリアド・サイエンシズは、C型肝炎治療薬「ハーボニー配合錠」(一般名:レジパスビル・ソホスブビル)について、「C型慢性肝炎、C型代償性肝硬変におけるウイルス血症の改善」を予定効能・効果とする適応拡大の一部変更承認申請を行った。ハーボニーは、ジェノタイプ1のC型慢性肝炎を対象に、1日1回1錠12週間の経口投与で販売されている。

 ジェノタイプ2のC型肝炎患者に対して実施した国内第III相試験では、ハーボニー12週間投与における持続的ウイルス学的著効が96.2%となり、ソホスブビルとリバビリン併用群に対する非劣性が示されている。



HOME > ニュース > 【ギリアド・サイエンシズ】ジェノタイプ2のC肝‐ハーボニーを適応拡大申請

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!