【第一三共・17年3月期決算】オルメサルタンが2割減‐減収二桁減益と苦戦

2017年5月16日 (火)

ニュース


 第一三共の2017年3月期決算(連結)は、国内医薬は増収を確保したが、グローバルで展開する主力の降圧剤「オルメサルタン(一般名)」の米国特許切れの影響で減収二桁減益となった。

表:第一三共・2017年3月期決算

 売上高は、前期比3.2%減の9551億円。グローバル製品ではオルメサルタンが23.3%減の2180億円と大幅に減少した。米国が4割減、欧州が3割減と響いた。抗血小板剤「プラスグレル」が29.2%増の416億円、抗凝固剤「エドキサバン」が日本で倍増、欧州で6倍増と伸び、約2.5倍の373億円と大幅成長となった。



HOME > ニュース > 【第一三共・17年3月期決算】オルメサルタンが2割減‐減収二桁減益と苦戦

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!