【厚労省】スイッチOTC薬1492品目が対象‐セルフM税制、貼付薬・塗り薬など

2016年6月21日 (火)

ニュース


 厚生労働省は17日、来年1月から始まるセルフメディケーション税制(医療費控除の特例)の対象となるスイッチOTC薬82成分1492品目を公表した。成分ごとの品目数では、外用鎮痛消炎薬の「インドメタシン」が208品目で最も多く、外用湿疹・皮膚炎用薬「プレドニゾロン吉草酸エステル」の184品目、外用鎮痛消炎薬「フェルビナク」の154品目、解熱鎮痛薬「イブプロフェン」148品目と続いている。

 同制度は、2017年1月1日から21年12月31日までの間に、自分だけでなく、生計を一にする親族が購入したスイッチOTC薬の購入額が合計で1万2000円を超えた場合に、8万8000円を上限にその年分の総所得金額から控除するというもの。

 控除を利用するには、健康の維持増進および疾病の予防に一定程度、取り組むことが求められる。



HOME > ニュース > 【厚労省】スイッチOTC薬1492品目が対象‐セルフM税制、貼付薬・塗り薬など

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!