【大塚製薬/千寿製薬】新規緑内障治療薬で共同販促

2016年9月21日 (水)

ニュース


 大塚製薬と千寿製薬は、申請・開発中のものを含む緑内障・高眼圧症治療薬について国内共同販促契約を締結した。対象品目としては、大塚が申請中の配合点眼薬「OPC-1085EL」(一般名:カルテオロール塩酸塩/ラタノプロスト配合点滴液)や千寿製薬が新たに開発を予定している治療薬が含まれる。

 眼科領域に注力している両社は、大塚が創製した緑内障・高眼圧症治療剤「ミケラン点眼液・同LA点眼液」を共同で販売しており、今回の契約によって両社が申請・開発する品目が加わることで販路拡大を狙う。



HOME > ニュース > 【大塚製薬/千寿製薬】新規緑内障治療薬で共同販促

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!