【中国四国支部学術大会】岡山で「高校生オープン学会」

2016年11月15日 (火)

ニュース


会場は多数の参加者でにぎわった

会場は多数の参加者でにぎわった

 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部ブロックは6日、岡山市内で「高校生オープン学会」を開いた。高校生に薬学部への関心を高めてもらおうと毎回、同支部学術大会のプログラムに組み込み開いているもので今回が6回目。2県5高の高校生が口頭で7件の研究発表を行った。

 岡山県の清心女子高校の生徒は、岡山県の特産物であるマスカットオブアレキサンドリアの廃棄部位の機能性を調べた結果を報告。その種子や穂軸に抗酸化活性やメラニン生成阻害効果が確認されたとし、研究を通じて地元産業の発展に貢献したいと語った。



HOME > ニュース > 【中国四国支部学術大会】岡山で「高校生オープン学会」

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!