【厚労省】AIの診療支援後押し‐次期改定で対応検討へ

2016年12月14日 (水)

ニュース


 厚生労働省は、7日に開かれた政府の未来投資会議「医療・介護」分野の構造改革徹底推進会合で、人工知能(AI)や遠隔診療を使用した診断や治療支援を後押しするため、2018年度診療報酬改定で対応していく考えを示した。AIを用いた診療支援については、十分なエビデンスを前提にインセンティブ付けを検討。さらに、診療支援技術を確立し、20年度までの実装を目指すとした。

 医療・介護におけるICTの活用をめぐって、厚労省はAIを用いた最新のエビデンスや診療データの解析により、患者が最適な診療を受けられるシステムを構築し、これらのICTを活用した診療支援や遠隔医療などの技術革新について、診療報酬に組み込んでいく方向性を示した。



HOME > ニュース > 【厚労省】AIの診療支援後押し‐次期改定で対応検討へ

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!