【協和キリン】ネスプAGの事業化「一歩前進」‐花井社長

2017年2月6日 (月)

ニュース


花井陳雄社長

花井陳雄社長

 協和発酵キリンの花井陳雄社長は、1日に都内で開催した記者会見で、腎貧血治療剤「ネスプ」のオーソライズドジェネリックの承認取得を目的に先月設立した「協和キリンフロンティア」について、「ネスプAGの事業化に一歩前進した。販売の仕方についてはいろいろあるが、今回の新会社設立で様々な選択肢が取れる」と意義を強調した。

 同社が販売するネスプは、2016年売上高で563億円と業績を支えるトップ製品になっている。19年の特許切れを控え、バイオ後続品の参入も見込まれる中、昨年の記者会見でネスプのAGを検討することを既に表明していたが、新会社を設立し本格的に動き出す。



HOME > ニュース > 【協和キリン】ネスプAGの事業化「一歩前進」‐花井社長

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!