【RAD-AR】外国人患者の対応に活用を‐副作用用語事典の改編進行

2017年4月5日 (水)

ニュース


 くすりの適正使用協議会(RAD-AR)は、2003年に発刊した「くすりの副作用用語事典」を改編し、臨床現場の薬剤師が外国人患者に副作用の初期症状などを説明する場合に活用できる事典の作成に取り組んでいる。訪日外国人の薬局来店時の英語での想定対話集も作成し、収載する見通し。17年度に臨床現場における使い勝手を検証した上で、18年度にウェブサイトなどで公開する計画だ。

 くすりの副作用用語事典は、知っておきたい副作用用語約4800語を収載したもの。用語の英語対訳のほか、副作用の初期症状も記載している。



HOME > ニュース > 【RAD-AR】外国人患者の対応に活用を‐副作用用語事典の改編進行

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!