【がん研究センター】超希少癌で医師治験開始へ‐「ニボルマブ」用い4施設

2017年1月26日 (木)

ニュース


 国立がん研究センターは23日、希少癌の中でも発症頻度が極めて少ない明細胞肉腫、胞巣状軟部肉腫を対象にした免疫チェックポイント阻害剤「ニボルマブ」の医師主導治験をスタートさせると発表した。国立がん研究センター中央病院、愛知県がんセンター中央病院、国立病院機構大阪医療センター、岡山大学病院の全国4施設で、症例集積が難しい超希少癌に有用な新たな統計学的手法を用いて実施する。良好な成績が得られた場合、企業治験にシフトして世界初の承認申請を目指す。

 明細胞肉腫は、手術による完全切除が治癒への唯一の治療法と考えられており、切除不能の場合にはガイドライン上でも推奨される薬物療法は存在していないのが現状。また、胞巣状軟部肉腫に対しても手術による完全切除が基本治療となり、切除不能の場合は分子標的薬「スニチニブ」がガイドラインで推奨されているものの、国内では適応が認められていない。



HOME > ニュース > 【がん研究センター】超希少癌で医師治験開始へ‐「ニボルマブ」用い4施設

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!