2016年8月25日 (木)

ニュース

県、上田市の財政支援がカギ

若林広行氏

若林広行氏

 新潟薬科大学(寺田弘学長)が長野県上田市で2018年4月の開設を目指している「長野薬学部」(仮称)の設置準備室長で薬学部(臨床薬物治療)教授の若林広行氏は、新学部を設置する目的について、「薬学部がない長野県の薬剤師養成と域内全体の高度医療人育成を支援するため」と説明した。設置にかかるコスト70~80億円のうち、「われわれが望む金額を支援いただけるなら、18年2月には校舎の一部を完成させ、同年4月に開学する」とする一方で、希望額が提示されなかった場合には、「経営判断として、撤退することになるだろう」と明言した。薬学部設置の可否は今年10月に開かれる新潟科学技術学園の理事会で最終判断することになっているが、同学園は新潟工業短期大学と新潟医療技術専門学校も設置しており、安定的に長野新学部を運営するためにも長野県と上田市からどの程度の財政支援が得られるかがカギになりそうだ。

続きを読む »


ニュース 新着記事
薬学生新聞 新着記事
薬業界情報 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!